顧客価値創造のご支援を致します。

営業カレンダー

お役立ち情報

  • 道路情報
  • 天気・防災情報
  • ハイパー時刻表
  • 株価と為替
  • 業界ランキング

新着情報

 2015年09月28日:「礫耕ビニールハウス栽培」のご紹介

※本ページの内容は掲載日当時の情報を基に記載しております。
その後、ご提供者様により商品の改廃・変更等のあることをご了承願います。

概要

◆ 礫を使用した栽培ベッドと培養液とビニールハウスにより、計画的に葉物野菜を栽培します。
  ・土耕と比べ、必要な作業が省略できるだけでなく栽培スピードが1.5倍早く生育します。
  ・植物工場と比べ、省コスト・短期稼働を実現します。

礫耕栽培
(礫耕ビニールハウス栽培)

製品仕様ほか

◆ 栽培方法の簡単な比較を以下にご紹介します。

比較表
(礫耕ビニールハウス栽培)

◆ 礫耕ビニールハウス栽培の特長を以下にご紹介します。
   特長1: 土を使わないため、場所を選びません。
   特長2: 土耕に必要な作業(耕起、畝立、土寄せ、施肥、除草)が省略できます。
   特長3: 養液管理により、農業汚染の影響がありません。
   特長4: 土壌病害や連作障害を回避できます。
   特長5: 葉物野菜を計画的に栽培・収穫できます。
   特長6: 土壌栽培と比べて1.5倍のスピードで生育します。
   特長7: 植物工場と比べて省コスト・短期稼働が可能です。
   特長8: 大気汚染による二次汚染(酸性雨など)の影響がありません。
   特長9: 給液や施肥管理が自動化されるので大規模化が容易です。


[掲載一覧に戻る]